創作意欲が止まらない?プロへの道へとご案内します。

専門学校は講師も充実

ゲームクリエイターを養成する専門学校は、「面白いゲームを作りたい」というあなたの意欲を応援しています。
職種に応じたカリキュラムが組まれているので、プログラマーやグラフィックデザイナーなどの業務について基礎的な部分から学べます。講師として教壇に立つのは、ゲーム業界での勤務経験を持つ元クリエイターが多いです。現役のクリエイターがゲスト講師として授業を行うこともあります。専門的な知識は入学してから学べるので、入学時に必要なのは強い意欲や興味です。あなたが知りたいことや疑問に感じることを質問すれば、講師は解決の道を教えてくれるでしょう。実践的な授業を通じて、あなたの意欲を現実的な力に成長させてください。

就職活動も学校がサポート

ゲームクリエイターの専門学校も、卒業が近づくと就職活動が必要です。学生の大半はゲーム業界への就職を目指しています。
しかしゲーム業界は学生の人気が高いため、第1志望の企業に入社できるとは限りません。就職活動が最終的にうまくいくかどうかは学生の能力や努力に左右されますし、時には運が影響することもあります。そこで学校側は、学生ひとりひとりが持つ強みや志望内容を把握できるようにサポートをしてくれます。また、企業の人事担当や卒業生を招待して説明会を開催することもあります。人事担当や卒業生と会える機会は貴重なので、このような機会は忘れずに活用してください。学校は学生の味方ですから、積極的に相談するとよい結果を得やすくなるのです。