新しい世界を作ろう。CGデザイナーの入り口へのご案内。

CGは色々な場面で使われています

テレビのCMとか米国の映画の実画像との合成やバーチャルな世界、ゲームのオープニング映像、MVの最初に現れる動くロゴ、さらにはフルアニメーション・ムービー等は3次元CGで作られています。
これらの画像や映像を作成するには高度な3次元CGソフトや高スペックのパソコン、さらにはそれに特化したビデオカードやメモリ、その他画像編集ソフトや映像編集ソフト、音楽ソフトなどが必要となります。これらを最初からそろえて技術を身につけて行くには費用も多くかかり、経験も必要となります。東京をはじめとして比較的に大きな都市ではこれらが学べる専門学校や大学も存在しますのでこのような機関を利用すると効率よくこれを学ぶことが出来ます。

CGの分野で仕事を始めるには

クリエーター系の企業も国内に存在しますし、国内に限らず米国などの会社で就職したりして仕事に参加することもできます。ソフトウェアも多く種類があって1種類と言わずある程度の種類のソフトは使いこなすことも求められます。そしてその会社で効率の良いソフトが独自に開発されることもあります。フルムービーなどは200台のマシンをフル稼働させて制作することもあるようです。
自分を最初に売り込みをかけるにはこれまでの自己の作った作品集を用意しておいて必要となったときにそれを活用するという方法がよくとられています。ある程度経験を積むとフリーランスとして自分で仕事を直接とって活動するという方法もとれます。収入も企業で働く場合に比較して3倍ぐらい稼げる場合もあるとされています。